Lirik lagu 164 – サイコロジック 歌詞 Romaji kanji

164 – サイコロジック 歌詞 lirik lagu ROMAJI:
Koko de boku ga utawa nai toshite
dare mo koko de mi te i nai toshite
sorede nani o kaerareru n datte iu n daro u
kankyaku wa manzoku de kaette
boku wa umai sake o kumikawashi te
ā dako ? da to ira nu jiron o kataru kedo
kitto kō shiteru ma ni
manga mo yomeru shi
ano gēmu datte susumu shi
gussuri nereru n da
boku wa dare ka no sai ni ashita o yudane te iru n da
kyō mo itsunomanika “ichi ho susumu” n da
koko ga bokutachi no sutāto datte
maido jibun ni īkikase ta tte
imi ari ge na mu imi o naraben datte kizui te n da
mata omoi resupōru hikizutte
hitogomi no naka densha ni notte
shira nai hitotachi ni kakomare te
kyō ga owatta
kitto shira nai ma ni owatta kyō wa
tsumoritsumore ba mata imi ga aru no sa
nante
sonna kireigoto o shikkari nigitte iru n da
dōse kono te wa toke nai
sore ga boku sa
kare ta koe nanka ja mō nani mo tsutae rare nai sa
boku wa naze konna tokoro de nai te n da
koko de boku ga utawa nai toshite
dare mo koko de mi te i nai toshite
sorede nani o kaerareru n datte iu n daro u
sore wa boku ni mo wakara nai kedo
konnani koe mo kare te iru kedo
tama nya boku no tenohira kara sai o nage te miru yo

KANJI LYRICS
ここで僕が歌わないとして
誰もここで見ていないとして
それで何を変えられるんだって言うんだろう
観客は満足で帰って
僕は美味い酒を酌み交わして
あーだこーだと要らぬ持論を語るけど
きっとこうしてる間に
漫画も読めるし
あのゲームだって進むし
ぐっすり寝れるんだ
僕は誰かの賽に 明日を委ねているんだ
今日もいつの間にか “一歩進む”んだ
ここが僕達のスタートだって
毎度自分に言い聞かせたって
意味ありげな無意味を並べんだって気付いてんだ
また重いレスポール引きずって
人ごみの中電車に乗って
知らない人達に囲まれて
今日が終わった
きっと知らない間に終わった今日は
積もり積もればまた意味があるのさ
なんて
そんな綺麗事をしっかり握っているんだ
どうせこの手は解けない
それが僕さ
枯れた声なんかじゃもう 何も伝えられないさ
僕は何故こんな所で泣いてんだ
ここで僕が歌わないとして
誰もここで見ていないとして
それで何を変えられるんだって言うんだろう
それは僕にもわからないけど
こんなに声も枯れているけど
たまにゃ僕の掌から賽を投げてみるよ

Comments

comments

Leave a Reply