Lirik lagu Kenshi Yonezu (米津玄師) – orion 歌詞

Kenshi Yonezu (米津玄師) – orion 歌詞 lirik lagu ROMAJI:
Anata no yubi ga sono mune ga sono hitomi ga
mabushiku te sukoshi memai ga suru
yoru mo aru sore wa fui ni ochi te ki te amarini mo atatakaku te
nomikon da nana shoku no hoshi
hajikeru hibana mitai ni gyutto boku o komarase ta
sorede mata arui te ikeru koto osowatta n da
kamisama dōka dōka koe o kikase te honno chotto de ii kara
mō nidoto hanare nai yō ni anata to ni nin
ano seiza no yō ni musun de hoshiku te
yume no naka de sae dōmo jōzu ja nai kokoro guai
ki ni shi nai de tte nagei ta koto
nai te i ta koto
hotsureru sore no ito hippatte zutto seiza o tsukutte mi ta n da
otagai no yubi o hoshi tōshi te
sore wa hidoku detarame de bokura warai ae ta n da
soko ni anata ga i te kure ta nara sorede ii n da
ima nara donna donna konnan de sae mo aishi te miserareru noni
amarini yawara ku musun da yoake no omoi da
tada me o mi te i ta awai iro no hitomi da
masshiro de iru toki mitai na koe o shi te i ta fuyu no nioi da
kokoro no naka shizuka ni susamu arashi o kau yami no tochū de
ochi te ki ta n da boku no zujō ni ko ku hoshi naki sō na kurai ni fure te i ta n da
kamisama dōka dōka koe o kikase te honno chotto de ii kara
mō nidoto hanare nai yō ni anata to ni nin
kono seiza no yō ni musun de hoshiku te
musun de hoshiku te
yonetsu gen shi no kashi jōhō
KANJI LYRICS
あなたの指が その胸が その瞳が
眩しくて少し 眩暈がする
夜もある それは不意に落ちてきて あまりにも温かくて
飲み込んだ 七色の星
弾ける火花みたいに ぎゅっと僕を困らせた
それでまた歩いていけること 教わったんだ
神様 どうか どうか 声を聞かせて ほんのちょっとでいいから
もう二度と 離れないように あなたと二人
あの星座の様に 結んでほしくて
夢の中でさえどうも 上手じゃない 心具合
気にしないでって 嘆いたこと
泣いていたこと
ほつれる それの糸引っ張ってずっと星座を作ってみたんだ
お互いの指を 星通して
それは ひどくデタラメで 僕ら笑い合えたんだ
そこに貴方がいてくれたなら それでいいんだ
今なら どんな どんな 困難でさえも 愛してみせられるのに
あまりに 柔く 結んだ 夜明けの思いだ
ただ目を見ていた 淡い色の瞳だ
真っ白でいる ときみたいな 声をしていた 冬の匂いだ
心の中 静かに荒む 嵐を飼う 闇の途中で
落ちてきたんだ 僕の頭上に 煌く星 泣きそうなくらいに 触れていたんだ
神様 どうか どうか 声を聞かせて ほんのちょっとでいいから
もう二度と 離れないように あなたと二人
この星座の様に 結んでほしくて
結んでほしくて
米津玄師の歌詞情報(

Comments

comments

Leave a Reply